加藤未唯のボールガールなぜ泣いた?理由は2つで泣きすぎの声も!

スポンサーリンク

全仏テニスで加藤未唯選手のボールがボールガールに直撃し、結果的に失格となりました。

ボールガールは15分近く泣いていたと言われています。

そこで気になったのは、加藤未唯選手のボールガールはなぜ泣いたのか理由です。

今回まとめたのはこちら

  • 加藤未唯が当てたボールガールなぜ泣いた?
  • 加藤未唯が当てたボールガールに泣きすぎの声!

さっそく本題です。

スポンサーリンク
目次

加藤未唯が当てたボールガールなぜ泣いた?

加藤未唯選手が当てたボールガールはなぜ泣いたのでしょうか?

ボールガールは15分近く泣いていたそうですが、「泣きすぎでは?」という意見もあります。

下の画像、左がボールガールですが、名前や年齢は公表されていません。

(引用元:NHKsports)


ネットの意見から、ボールガールが泣いた理由2つを紹介します。

泣いた理由①

なぜボールガールが泣いたのか理由1つ目は、痛かったからです。

加藤未唯選手が打ち返したボールは、ボールガールの頭に当たりました。


動画を見る限り、ボールの速度は緩やかでしたが硬式のボールが直撃したので痛みはあるでしょう。

加藤未唯選手が当てたボールガールの年齢は明らかになっていません。


ただ、一般的にボールガールを務める年齢は11~15歳程度とのこと!

日本で言う中学生くらいですし、痛みの強さは人それぞれなので、我慢できずに泣いたかもしれませんね。

泣いた理由②

なぜボールガールが泣いたのか理由2つ目は、責任を感じたからです。

ボールガールは加藤未唯選手のボールが当たった後、15分近く泣いていたそうです。


もちろん、最初に泣き出したのはボールが直撃した痛みや驚きもあったでしょう。

しかし、ボールガールが泣き続けたことは、対戦相手が審判へ異議を申し立てするきっかけの1つにもなりました。

ソリべストルモが「彼女には悪意があったのではないのか?(ボールガールの)彼女は泣いているじゃない」と主張。

(引用元:Yahoo!何も悪いことをしていないのに非難は辛いの記事より)


さらに、加藤未唯選手のボールをよく見ていれば、避けることも可能だったでしょう。

もし、ボールガールがボールを避けることができていたら、加藤未唯選手の失格に関する騒動はなかったですよね。


ボールガールを見る限り、まだ10代前半の少女です。

一般的に、子どもは大人よりも感情的で涙を我慢できない場面が多いですよね。


そう考えると、ボールガールは試合が中断してしまい、おおごとになった状況に責任を感じ泣いたのかもしれませんね。


ここまでは、加藤未唯選手が当てたボールガールはなぜ泣いたのか理由2つを紹介しました。

ボールが当たった痛みや驚き、試合を中断させた責任感があったと思われます。

スポンサーリンク

加藤未唯が当てたボールガールに泣きすぎの声!

加藤未唯選手が当てたボールガールに対して、ネットの声を紹介します。

ネットでは、ボールガールに対して「泣きすぎ」という意見が多いです。

https://twitter.com/doujouji1/status/1665901920714907649?s=20
https://twitter.com/mentumen021/status/1665898100312121344?s=20


ボールガールはボールを渡したり拾ったりと、試合をサポートする存在です。

ボールの直撃はもちろん痛かったでしょうが、泣いた時間が15分というのは長い気がしますね。


一方で、泣きすぎという声は分かりますが、ボールガールにとってトラウマにならないといいですね。


ここまでは、加藤未唯選手が当てたボールガールに対して、ネットの声を紹介しました。

ネットでは、「ボールガールは泣きすぎた」という意見が多いです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「加藤未唯のボールガールなぜ泣いた?理由は2つで泣きすぎの声も!」と題して、

全仏テニスで加藤未唯選手のボールが当たったボールガールはなぜ泣いたのか理由を調査しました。

ネットの意見から、ボールガールが泣いた理由2つを紹介しました。

  • ボールが当たって痛かったから
  • 試合を中断させて責任を感じた

ボールガールは10代前半の少女だったので、感情が抑えきれずに泣いてしまったのかもしれませんね。


また、加藤未唯選手が当てたボールガールに対して、ネットの声を紹介しました。

「ボールガールは泣きすぎた」という意見が多いです。

やはり15分近くも泣いたことに対して、少し疑問を感じる声もあるのですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
目次